グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  歯科医師会の紹介

歯科医師会の紹介



会長挨拶

一般社団法人
静岡県歯科医師会
会長 大松 高

静岡県歯科医師会は、明治42年に設立以来、社団法人としての公益的な活動、つまり県民の皆様の「歯や口の健康を守る歯科保健事業」を実施し、県民の皆様の健康増進に寄与する事業を続けてきました。
静岡県歯科医師会には、県民の皆様のお住まいや職場の近くにある歯科医院の約85%が加入しています。県下には19の郡市区歯科医師会があり、静岡県歯科医師会の会員はここにも加入しています。

静岡県歯科医師会の目的と事業は、静岡県歯科医師会定款に記載されています。
第3条 本会は、日本歯科医師会及び本会が承認した静岡県の市町を区域とする歯科医師会(以下「郡市区歯科医師会」という。)との連携のもと、医道の高揚、歯科医学及び歯科医療の進歩発達並びに口腔衛生の普及向上を図り、もって県民の健康と福祉を増進することを目的とする。

事業内容は、
第4条(1)から(12)項まで記載されています。
とりわけ、
(1) 歯科医学の振興に関する事業
(2) 歯科医療の向上に関する事業
(3) 医療保障の向上に関する事業
(4) 歯科医師の生涯研修に関する事業
(5) 歯科医療補助者の指導育成に関する事業
(6) 地域保健の向上及び普及指導に関する事業
以上の6項目に関しては、県民の皆様の健康と福祉を増進することを主たる目的とした事業です。

具体的には
  • 各世代が求める歯科へのニーズに応じた歯科診療の実施
  • 在宅療養者や施設入居者に対する訪問歯科診療や訪問口腔衛生指導への取り組み
  • 地域の病院や医療機関との協力関係の構築
  • 食支援や、がん患者さんの口腔管理への取り組み
  • 地域行政、介護職及び福祉関係者との連携への取り組み
  • 要介護者や障がい者が抱える歯科的な課題への取り組み
  • 学校医として定期的な歯科健康診断および保健指導・保健教育への取り組み
    さらにはフッ素洗口や地域の子育て支援への取り組み

本会会員の歯科医師は、歯科医療を通じて、県民の皆様の、さらなる健康増進と、さらなる健康寿命の延伸に寄与できるよう、これからも貢献してまいります。

沿革

明治28年 (1895年) 私的静岡県歯科医師団体設立 会員15名
明治42年 (1909年) 静岡県歯科医師会設立
明治44年 (1911年) 日本聨号歯科医師会に加入
大正15年 (1926年) 勅令(歯科医師会令)による静岡県歯科医師会設立
昭和18年 (1943年) 戦時中の改組による静岡県歯科医師会設立
昭和22年 (1947年) 新生の社団法人静岡県歯科医師会設立
平成11年 (1999年) 社団法人静岡県歯科医師会設立百周年
平成25年 (2013年) 4月1日をもって一般社団法人静岡県歯科医師会設立
令和3年 (2021年) 4月1日現在 会員数1,725名

法人情報の公開

6.正味財産増減計算書