グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




糖尿病


歯周病と糖尿病

歯周病は糖尿病の第6の合併症です
糖尿病の人は、そうでない人に比べて歯肉炎や歯周病にかかっている人が多いと疫学調査が複数報告されています。さらに最近、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになりました。つまり、歯周病と糖尿病は、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになってきました。歯周病治療で糖尿病も改善することもわかってきています。

歯周病が全身に与える影響
糖尿病に焦点を当ててみると、歯周病の影響は、肺炎や心臓病、リウマチなどにも非常に関係が深いと言われています。妊婦の方に歯周病があると、低体重出産や早産が起こるといった報告もあり、全身と歯周病の関係は、世界中の多くの文献で取り上げられています。
このように、口の健康だけでなく全身の健康を維持するために口腔ケアはとても大切です。