サイト内検索はこちら

  • トップページ
  • 歯科医師会って何
  • 歯の情報8020しずおか
  • イベントしずおか
  • 会員歯科医院
  • 歯科医療について
  • 静岡県歯科医師会コラム

蟻の穴から 堤も崩れる
〜防ごう オーラルフレイル〜

――― 蟻の穴から堤も崩れる「天下の難事は必ず易きよりなり、…千丈の堤も螻蟻の穴を以て潰ゆ(韓非子 喩老)」

から、ほんのわずかな不注意や油断から大事が起こることのたとえ ―――

 

 年齢を重ねるごとに身体がいうことをきかなくなり、若いときと比べて衰えを感じることはありませんか?

 それは「年のせい」なのでしょうか。

 

 加齢とともに心身の活力が低下し、要介護になる危険性の高い状態を「フレイル」と言います。

これは「身体」の虚弱だけではなく、「社会性」や「こころ」の虚弱という多面的な要素がお互いに影響し合っています。

 いつまでも生き生きと暮らすためにはフレイルを予防することが大切です。そのためには、運動・食生活・社会参加といった「健康長寿のための3要素」を実践することにより、再び健康な状態に戻すことができます。

 

 最近、滑舌が悪くなった、食べこぼしをするようになった、飲み物にむせることがある、かめない食品が増えた、口が乾きやすくなった・・・これらは高齢期に体が弱っていく最も初期のサインです。 ほんの些細な症状であり、見逃しやすく、気が付きにくい特徴があるため注意が必要です。これらの不調を「オーラルフレイル 」と呼び早い段階での対応が必要です。オーラルフレイル は健康と機能障害との中間の状態で、可逆的であることが大きな特徴の一つです。早めに気づき適切な対応をすることで健康に近づけることができるのです。 お口の機能の僅かな衰えが進行すると、食欲が低下したり、食べられない食品が増えたりします。すると、咬む力や舌の運動が衰え、栄養や代謝量の低下を引き起こし、サルコペニアやロコモティブシンドローム 、認知症のリスクが高くなると言われています。

 ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは、骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、歩行や立ち座りなどの日常生活に障害を来たしている状態のことをいいます。その中でも加齢により筋肉量が減少してしまう現象をサルコペニアと呼び、ロコモティブシンドロームの入口と考えられています。これらが進行すると転倒、活動度低下が生じやすくなり、要介護状態につながる可能性が高くなります。

 階段を昇るのに手すりが必要である、支えなしには椅子から立ち上がれない、15分くらい続けて歩けない、転倒への不安が大きい、この1年間で転んだことがある、片足立ちで靴下がはけない、横断歩道を青信号で渡りきれない、家のなかでつまずいたり滑ったりする、この内、一つでも当てはまればロコモティブシンドロームの心配があります。

 残っている歯が19本以下で、かつ義歯を使用していない人は、歯が20本以上ある人と比較して、転倒リスクが最大で2.5倍にまで高まります※1。転倒すると、約1割の高齢者は骨折をします。骨折をきっかけにして、要介護状態になってしまうこともあります。特に下半身の骨折(代表的な骨折は「大腿骨頸部骨折」)は、寝たきり生活の原因になるため注意が必要です。実際「要介護」と認定される原因の約1割は「骨折・転倒」です。

 また、残っている歯が少なく、うまく咬むことが出来ない、咬む力が弱いなど咀嚼機能が衰えているほど記憶や学習能力に関わる海馬や、意志や思考の機能を司る前頭葉の容積などが少なくなってくる事がわかってきました。歯が無くなると、脳が刺激されなくなり、脳の働きに影響を与えてしまいます。健康高齢者では平均14.9本の歯が残っているのに対し、認知症の疑いのある人では9.4本と明らかな差が見られます※2。歯が無く入れ歯も入れていない人の認知症リスクは、残っている歯の数が20本以上ある人と比べて1.9倍。あまり噛めない人の認知症リスクは、良く噛んで食べることができる人に対して1.5倍と高くなっています※3。
( ※1※3 神奈川歯科大学 山本龍生  ※2 東北大学歯学部 渡辺誠ら )

 

 加齢や運動不足に伴う身体機能の低下や運動器疾患による痛み、軽微な外傷による骨折など多様な要因があいまって、バランス能力、体力、移動能力の低下をきたし、ついには最低限の日常生活動作さえも自立して行えなくなり、健康寿命の短縮、閉じこもり、廃用症候群や、寝たきりなどの「要介護状態」になっていきます。お口の衰えが身体全体、さらには精神的な部分や社会的な面も含めて、健康と大きな関わりがあるのです。一般に、介護が必要な状態にならないようにと、身体を鍛える、筋力を維持することに気を配りがちですが、健康を維持するためには、お口の機能が大切な役割を果たしているのです。

 

 高齢になっても豊かに楽しく過ごしていただくために、「いつまでも自分の歯で、自分の口から食事をとることが最も大切なことである」との8020運動を推進して今年で30年経ちました。8020達成率は、運動開始当初は7%程度(平均残存歯数4~5本)でしたが、2016年では、達成者が51.2%(平均残存歯数15.3本)となり初めて2人に1人以上となりました。8020未達成でも、きちんと噛むことができる義歯(入れ歯)などを入れて口の中の状態を良好に保つことで、20本あるのと同程度の効果が得られます。たとえ総入れ歯でもしっかり噛むことができれば全身の栄養状態も良好になりますし、よく噛むことで脳が活性化されます。つまり、歯の数だけでなく口腔機能の維持管理がとても大事なことなのです。

 

 「食べる・話す・笑う」ことは、人の最も根源的な営みです。
 蟻の穴から堤も崩れる。 むし歯や歯周病を「まぁいいか!」で放っておくと、やがて大変なことになってしまいます。 静岡県歯科医師会は、「8020運動」に『オーラルフレイル対策』を加え、健康長寿をサポートしています。 若いうちから“かかりつけ歯科医”を持ち、定期的な口腔管理をしていきましょう。

地域保健部理事  大内 仁之

健康とだ液の働きについて

 最近「だ液が減って口が乾く」といったお年寄りが増えてきました。家族から、口臭を指摘されたり、食べ物が飲み込みにくい、口内炎ができる等のトラブルで悩んでいる方も多いかもしれません。これはドライマウス(口腔乾燥症)と呼ばれ、ドライマウスの症状を訴える人は日本に約800万人いると推定されています。重症になると、摂食障害、不眠、発音障害等の症状もおきる場合があります。  主な症状として、味がよくわからない、口内炎や口角炎がおきる、口が乾いて唇や舌がひび割れる、口臭があり会話しづらい、むし歯、歯肉炎、歯周炎になりやすい、カンジタ症になる等があります。  唾液が少なくなる原因としては、薬の副作用(降圧剤、花粉症の薬、自律神経の薬や抗うつ剤等)や加齢によるもの(更年期障害を含む)、生活習慣(口呼吸、不潔な口腔、ストレス等)、病気(シェーグレン症候群、糖尿病、パーキンソン病等)、放射線治療等が考えられます。  だ液を増やす対策としては、唾液腺のマッサージ(耳下腺、顎下腺、舌下腺等を指先を使って食前に円を描くように回す、押してみる等)、薬の変更(主治医に別の薬を処方してもらう)、ストレスのかからない生活、舌の運動(舌を前後・左右に動かしたり、舌先を回す、舌打ちする等)、人工だ液の活用(スプレー、ジェルタイプ等)、食品(酸味のある物、昆布、納豆、ガム等)が有効と言われています。  だ液の働きとしては、全身の健康を守り細菌の侵入を防ぐ(生態防御として、ラクトフェリン、ムチン、免疫グロブリン等の抗菌因子により細菌の増殖を抑制する)、パロチンによる老化防止、ペルオキシダーゼ、カタラーゼ、アスコルビン酸等により活性酸素を減少させる、さらに、歯の石灰化を促しむし歯の進行を防ぐ、㏗を維持する(酸性に傾いた口腔内を食後30~40分で食前の状態に戻す)、だ液アミラーゼなどの消化酵素により消化吸収を助ける等です。  噛むことにより顎からの刺激で脳が活性化され、運動生理機能が向上し認知症になりにくくなると言われており、オーラルフレイル予防につながりますので、ぜひ健康の為に積極的に嚙むことをお勧めしたいと思います。

地域保健部理事  柏木 秀俊

歯みがきと健康長寿

平成24年6月に厚生労働省が公表しました「健康寿命」において、静岡県は男性が2位、女性が1位、男女総合で1位という結果が発表されています。「健康寿命」とは日常生活において健康上制限されることのない生活期間と言われています。よく知られている「平均寿命」とはその時の0歳の人がその後どれくらい生きられるかを示しています。
実際には健康寿命と平均寿命の差は、男性で8.35年、女性で10.89年あり、その期間は健康上生活に支障がある期間とも言えます。
静岡県では県民の特定健診データから健康マップが作成されています。それによりますと、メタボ該当者と高血圧有病者、習慣的喫煙者は県東部に集中し、糖尿病有病者においては特定の市町で高い傾向があり、糖尿病予備群では県西部において多いという結果になっています。伊豆地域では塩味の濃い料理、東部地域は揚げ物料理、西部地区は野菜や芋料理を食べる回数が多く、地域により食の特徴がみられます。
糖尿病は最近の調査で糖尿病が強く疑われる人が950万人、糖尿病予備群が1100万人、合計で2050万人で、実に国民の5人に1人が該当します。しかも糖尿病は年々増加傾向にあるとも言われています。この糖尿病との関連が強いと言われる歯周病が重症化すると歯周ポケット内の歯周病菌が血管内に侵入し、サイトカインという物質を産生します。このサイトカインは血液の中での血糖をコントロールしているインシュリンの働きを妨げて糖尿病が悪化し、歯周病菌に感染しやすくなり歯周病がさらに重症化していきます。
歯周病と糖尿病が重症化する原因として、不良な口腔清掃習慣や食事、運動、睡眠、ストレス、喫煙、飲酒などが上げられます。毎日の歯磨き回数が1回以下の群と、2回以上の群ではメタボ発症率、有病率、中性脂肪率で差がみられ、プラーク(歯垢付着)指数と糖尿病HbA1cの値は口腔ケアにより改善します。
健康増進と疾病予防をするポイントとして、食事、運動だけでなく口腔清掃(口腔ケア)、歯磨き回数を増加することが高血圧、糖尿病、心血管病変などの予防に寄与するものと考えられます。住民がそれぞれの健康課題に気づき、自ら生活習慣を改善し健康づくりを行なおうと心がけることが健康寿命の延伸の1つのキーポイントになります。

理事  柏木 秀俊

地域保健部高齢期専門部会

健康寿命73.9歳で全国2位の健康長寿県として知られる静岡県では、これを維持するために色々な方向から考えています。
しかしながらその一方で、認知症を発症してしまう方もいらっしゃいます。
認知機能が下がると歯科の場合一般診療での治療が難しくなるのも事実です。
では、どうすればいいのでしょうか?
まずは、予防について考えなければならないでしょう。定期健診を受け、かかりつけ歯科医を持つことが大事です。発症前までに口腔内管理を行っていれば一般歯科診療も簡単に済みますから大事です。診療所は、かかりつけ機能強化型診療所、在宅支援歯科診療所などの施設基準を充たしておくことが大事です。
健康長寿のために歯の健康は、欠かせないでしょう。では、延伸のために何をしなければいけないのでしょうか?定期健診を習慣づけ、よく噛めるようにして、かかりつけ歯科医を作っておくことが必要です。かかりつけ機能強化型診療所の存在は、患者さんにとって大いに強みになっていくでしょう。
県歯では、今年度も研修会・勉強会に、たくさんの先生方が受講し研鑽に励まれています。
県民の健康は静岡県歯科医師会の望みです。

理事  山本 繁

口は命の入り口、心の出口
~噛むから始まる健康づくり~

私たちの体は口から食べたもので出来ています。 『食』は命のもと、元気や健康の源です。
賢く『食』を選び、『食べ方』を学び自分の健康を自分で守る。口を命の入り口にするか、病の入り口にするかそれは私たちの意識いかんに関わっています。賢く「食」を選び食べ方を学ぶ。生涯の食習慣の礎となる子どもたちの「食」を考えるとき、子ども達のために何ができるのか?明るく元気で笑顔の子どもたちを育むために咀嚼(そしゃく)をテーマに今私たちができることをお話します。

<噛むから始まる健康づくり>~噛ミング30(カミングサンマル)を目指して~

言うまでもなく、子どものころに身についた食習慣は、その人の一生の食習慣を左右する大きな意味を持ち、子ども達の豊かな人間性を育み、生きる力を身につけていくために「食」の持つ意味は何よりも重要です。子ども達は家庭や社会との様々な関わりの中で、「食」に関する知識・技術や「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践できるようになっていきます。第3次食育基本計画にもあるように、食べ物と身体の関係等を知り、自分にとって必要な食事の内容と量を理解し、食べ物を選択する力や、よく噛んで味わって食べるなどの食べ方を身につけることが生涯健康であるための資質や能力を育成していくうえで大切です。しかし、現在の子ども達を取り巻く環境は本来食育推進において重要な役割を果たすべき家庭が十分に機能していないのが実情で6つの「こ」食化(個食・固食・子食・孤食・小食・粉食)が子ども達の食生活の悪化につながっています。こうした中、子ども達の健康課題に対処すべき学校歯科保健の役割は大きく特に歯の生え代わりなどお口の機能が大きく変化する学童期にそのステージにあった食べ方を学ぶことは重要です。よく噛むことによって唾液がたくさん分泌され、味わいがより深くなることや、よく噛むことが、肥満予防、味覚の発達、発音、脳の活性化、むし歯予防、がんの予防、消化を助けるなど、全身の健康に関わるのことを学びます。給食時の誤飲・誤嚥・窒息事故防止の観点から、「食べ方」の指導、食べるときの姿勢などや緊急処置法の指導も忘れてはなりません。一口の量を知り、食品の物性を学ぶことも子ども達にとっては大切です。また食べ方の及ぼす影響は多面的です。例えば精神機能への拡がりです。よく噛むことで心が寛ぎ、ストレスも発散されます。豊かな五感(視覚・嗅覚・味覚・聴覚・触覚)も育まれます。この五感を育む食べ方が、人間性豊かな笑顔の素敵な子ども達の心を育みます。
食を通して生涯健康で過ごすためには、その基盤となる歯・口が正常に機能することが前提となることは言うまでもありません。歯・口の健康と関連した心身の健康づくりの視点から指導することは、こども一人ひとりの「生きる力」を育みます。「噛ミング30(カミングサンマル)」というキャッチフレーズが子ども達を支える一つの指針として提唱され、噛ミング30運動が8020運動と同様に各職種と連携し推進されることを心から願っています。

*噛ミング30(カミングサンマル)
一口30回以上噛むことを目標としたキャッチフレーズ。平成21年7月に歯科保健と食育のあり方に関する検討会報告書「歯・口の健康と食育~噛ミング30を目指して~」(厚生労働省)より発出されて、噛ミング30運動が展開されています。

理事  竹内 純子